出会いはいろいろとありますが

婚活出会いの場

①職場・サークル内
②合コン・婚活パーティー
③SNS
④婚活マッチングアプリ
⑤結婚相談所
etc.

などざっくりと主なものを上げると上記になるでしょうか。

 

①職場

日本で1番多い出会いの場としては、同じ会社の職場内です。
特に職場での恋愛経験者は約4割いると言われ、実際に結婚した人は4分の1(約25%)くらいいると言われています。
(私は結婚相談所経験者ですが、実際にはその後に職場結婚しました)
ただ、昨今のコロナの影響もあり、リモートの普及も増えていて、そういった点で直接の関わり合いが激減していることもあり、職場恋愛・結婚はしばらくは減少の一途をたどるかもしれません。
 

②合コン・婚活パーティー

こちらもコロナの影響もあり、激減しているようです。
たしかに最近では、「合コンやってます」という話をめっきり聞かなくなりましたね。
しばらくは期待薄だと思います。
 

③SNS

最近よく聞くのが、Twitterとかインスタで共通の趣味とかで盛り上がったりして仲良くなって、中にはデートしたり恋愛関係になる人もいるという話は聞きます。
ただ、こちらは主に10~20代の若い世代(Z世代)を中心に行われていて、30代、40代と世代を進むにつれて、SNSでの出会い活用は減っていくので、世代間での差もあり、また若い世代でもうまくできている人とそうでない人の差もかなりあるというのは聞いているので、苦手な人にとってはやはり厳しいのかもしれません。
 

④婚活マッチングアプリ

こちらも最近利用者が増えてきています。
Pairs(ペアーズ)とかwith、ゼクシィ縁結びなどいろいろとありますが、利用者の多く約9割が20代30代くらいというお話は伺っております。お値段も結婚相談所と比べて安価ということもあり、また気軽に出会えるということもあり、利用者も増えています。
ただ、こちらにおいても、すごくうまくいっている人と、そうでない人との差も生まれやすくまた年代が40代以上になるとなかなかいい人に出会えなくなるという話も聞いています。また、まれにサクラがいたり、既婚者がいたりしてトラブルの話も伺っていますので注意が必要です。
 

⑤結婚相談所

一昔前は、結婚相談所は最後の砦みないな言い方をする人もいて、いい人もなかなかいないということもありましたが、最近ではほかでも出会いがありそうな20代、30代前半の方でも積極的に結婚相談所に登録していい人との出会いを探す方もすごく増えています。
実際に登録されているかたもみても、「なんでこんな高スペックな人が」とか「こんなキレイでかわいらしい女性が」というのも結構おられます。
また、結婚相談所の強みとしては、うまくいかないときでも、一人で抱え込まずに、相談員と相談して次へのステップにし、モチベーションもアップすることもできるので、そういった点ではメリットがあります。
登録前に身元証明(独身証明書など)もしっかりとチェックしたうえでの入会承認となりますので、その点では安心感があります。
一方でメリットとしては、どうしても料金面では多と比べて割高になります。
ただ、それだけの金額をいただいている以上は結婚相談所のバックアップは手厚いものになりますし、「成婚」が決まれば、結婚相談所側としての実績も上がりますし、モチベーションにもなります。

 

まとめ

以上のように今回いろいろな出会いの場を簡単にまとめてみました。
今後は機会がありましたら、実際に結婚相談所はどのような人に向いているのか?
などをお話しできればと思います。

それではご清聴ありがとうございました。

成婚がやっぱりうまくいく人

何度も同じことをいろんなところで言っているので
聞き飽きている人がいるかもしれませんが、
一番成婚がうまくいく人っていうのは
なんといっても「素直な人」です。
これは何年たっても変わりません

 

1)人の意見・アドバイスを素直に聞ける人(素直さ)
2)そのアドバイスを受け入れて修正・改善を考えることができる人(向上心)
3)それらの改善点をきちんと実行に移せる人(実行力)

 

最初に面談に来ていただくときに、私はこの点を守れる人なのか
をお話ししながら判断させてもらっております。
申し訳ありませんがこの時点で、基準に達していない場合は
こちらから入会をお断りさせていただくことがあります。

なぜならば、素直でない人は成婚率が低くなることがデータでもわかっていますし、
こちらからのアドバイスが聞けないならば高いお金を払ってまで当相談所に入会する意味がないからです。
厳しい言い方をすれば、そういう方は自分で婚活アプリでも使ってご自分で活動された方がいいと思います。
また、こちらとしてもきちんと活動されている人に
「誠心誠意」時間をかけてアドバイスしたいという思いがあるからです。

 

少し厳しい言い方をしてしまいましたが、私自身人のお話を聞くことが好きで話し上手というより聞き上手な方です。
よく人から「畔柳さんは話しやすいから時間忘れて余計なことまで話してしまいました」とか「こんなにきちんとお話を聞いてくれた方は初めてです」といって涙を流された方も実際におられました。

 

こんな私ではありますが、少しでも興味がありましたら(恋愛相談でもOK)ご連絡いただければと思います。無理な勧誘はしませんのでご安心を。

「ブログ見ました」で初回相談無料とさせていただきます。

バレンタインにプレゼントを渡せる男性はモテる

本日2月14日はバレンタインデーです。
一昔前は女性が男性に愛の告白をするためにチョコを渡すというのが一般的な感じでしたが、最近では友人同士で渡す「友チョコ」、自分へのご褒美で買う「自分チョコ」が増えてきていて、目的も多様化しています。

コロナ前の調査(2020年 引用元:楽天インサイト)ではありますが、女性がバレンタインデーにチョコをす予定があるかを聞いたところ「はい」と回答した人が55.7%と過半数をやや上回り、男性では「はい」と回答した人が13.1%でした
男女年代別:「はい」と回答した人は女性では20代(70.1%)30代(65.9%)、男性では20代、30代(20代:19.5%、30代:21.3%)が高い結果となりました。

ここで注目してもらいたいのが、男性がバレンタインデーにプレゼントを渡す人の割合です。
私の感想では意外と多いのかなという感想です。
私も実は、チョコをもらった相手やお世話になった人にその日(バレンタイン)にチョコを渡していました。
(現在は会社勤めしていないのもありますし、コロナで人と会う機会が激減しているのでほとんどできていませんが)
他の男性がほとんどやっていないことでしたし、そのほうがサプライズにもなるし、
職場の女性に渡すと業務の円滑化にもつながりますし、ほぼいいことしかありません。

以下は参考資料として載せておきます(同じく引用元:楽天インサイト)

女性に対して、バレンタインデーに男性からプレゼントをもらったことがあるかどうかを聞いたところ、「もらったことがある」と回答した人は28.6%と約3割だった。
年代別にみると、20代は「もらったことがある」と回答した人が4割を超えた。
どのようなプレゼントをもらったのかを聞いたところ、女性全体では「チョコレートやチョコレートを使用したお菓子」(68.3%)と回答した人が最も多く、次いで「アクセサリー」(18.3%)となった。
年代別でみると、20代では「アクセサリー」(24.2%)と回答した人が多く、40代では「花束」(29.4%)と回答した人が多かった。
バレンタインデーにプレゼントをもらったことがある女性に対して、男性からプレゼントをもらったときの気持ちについて聞いたところ、「嬉しい(「とても嬉しい」、「嬉しい」の合計)」と回答した人は85.9%と9割弱だった。

もらったことがあるの20代のアクセサリーは彼氏さんから、40代の花束というのは旦那さんからのプレゼントだと思われます。
またもらって9割弱の人がうれしいといっているので、渡すことにほぼメリットしかないと思いますので
男性もバレンタインにプレゼントを渡してみてはいかがでしょうか?

結婚相談所のメリット

エターナルリング代表くろやなぎです

コロナが最初に大流行しました2020年の前半くらいは外出制限もあり、またコロナに対する恐怖心から婚活を休止する方も少なからずいて、正直言いまして婚活市場も低迷してしていましたが、最近はコロナで一人で寂しいという気持ちからか婚活を積極的にやられる方が増え、今ではコロナ前よりも会員数が増えている状態です。

ただ、今は婚活アプリの台頭もありまして、結婚相談所もライバルが増えつつあります。

婚活アプリは確かに手軽にできるという点でとてもメリットがあると思います。
結婚相談所よりも料金もかからないというところも大きな魅力でもあります。

一方で会ってみたらイメージと全然違った。ドタキャンされた。変なビジネスに誘われた。
あとから分かったが既婚者だった。。。とかいろいろなトラブルも多いと聞きます。

私たちが運営しております結婚相談所エターナルリングでは
1.もともと結婚したいと思っている人たちがほとんどなので、真剣度が高い
2.身分証明を事前にきちんと行うので安心して交際できる
3.カウンセラーがいるので第三者からのアドバイスを受けることができる
4.自分に合ったお相手の条件を探すことができる
5.仮交際までは複数人とお付き合いできる(3か月ルールあり。真剣交際は1人のみ)

逆にデメリットは
1.料金がアプリに比べて割高
2.年代や地域によっては自分の条件にあった理想の人がいない
3.自分一人でお相手を探したい人には向いていない

一昔前にあった、婚活する人、結婚相談所には理想のいい人はいないと思われがちですが
全然そんなことはなく、どうして結婚相談所に登録しているの?っていうくらい
男性でいうとすごい経歴の方や女性でいうと容姿端麗な方も結構いたりします。

もし、「そろそろ結婚したいなあ」とお考えの方は気軽にお問い合わせいただければと思います。

結婚相談所は女性の方が運営されている方が圧倒的に多いですが
男性目線でのアドバイスが欲しい方には好評をいただいております。
学生時代に心理学を学んでいたので、それらを用いたアドバイスもできると思いますのでよろしくお願いします。

『言葉のチョイス』は日ごろの行いが出るので注意しましょう

日ごろから恋愛・婚活のアドバイスを受けておりますが

こちらからあるアドバイスをしたことに対しての相手からのメール・メッセージの返信内容で

「アドバイスわかりました」

「ご忠告わかりました」

こんな感じの返信をしている人はちょっとヤバイです。。。

(ヤバイってわからない人はもっとやばいですが・・・)


なんだか、こちらのアドバイスを適当に流している感じがしてよくない印象を受ける恐れがあります。

正解は「アドバイスをいただきありがとうございます」とか

少しでも感謝の意を伝えた方が相手に対して印象がよいと思います。

逆にアドバイスが自分の意にそぐわない場合には、

(例えばですが)

「アドバイスをいただきましたが、私は○○といった理由で□□の方法でいきたいと思います。」

といったような具体策を添えるとこちらも納得できると思います。

<最初に挙げたようなヤバイ返信している人へ>

これって異性にもこんなマイナス印象なメール・LINE・会話している可能性大ですので注意してください。

一流営業マンの方で「電話は2倍、メールは10倍気をつけた方がいい」というお話をうかがったことがありますが、メール・LINEでの文面には細心の注意を払いましょう。

100%理想の異性なんて存在しない

婚活されている方の中で、時々みうけられるのが、少しでも相手の欠点が分かると交際終了してしまい、次の相手候補を探す方がいます。

でも、それではいつまでたっても理想の相手なんて見つかりません。

あなたにとって理想の100%の異性なんてほぼ存在しません。

そもそも見つかってたらすでに出会って結婚してますよね?

結婚というものは、相手の欠点も甘受し、受け入れて

お互いに足りないものを補って助け合って生活していくものです。

結婚って、独身時代1人では味わえなかったこと、

結婚相手と2人だからこそ感じることができる、

生活することで得られる喜びとか楽しい夫婦生活、

逆に悲しい時はお互いに共感することで悲しみが軽減されるかもしれない。

それが結婚というものです。

そういう理想の高いあなたにあえて問いかけたいと思います。

「逆にあなた自身は相手にとって100%なのですか?」

婚活がうまくいく人の圧倒的No1とは?

先月まで緊急事態宣言が続いており、なかなか婚活もしずらかったなあと感じられいる方も多いかと思います。
ただ、そういった中でもうまくいっている人は必ずいます。

以前に「結婚相談所に向いているたった3つの人」という記事を書かせていただきました。

やはりいろんな人と恋愛相談や婚活の活動をサポートしてきて感じることは
(他の相談所さんもよくおっしゃられていることでもありますが)
婚活がうまくいって成婚されるのが早い方という中でも一番なのは
(しかも圧倒的NO1で)「素直な人」です。

こちらからのアドバイスに対しても、素直に受け入れて、そしてすぐに実行に移す。
これは、高学歴高収入だから、若いからと言って素直でない方は、なかなか成婚できない人が多いなあととても実感しています。

当相談所はそういった性格重視で入会審査をさせていただいております。
「すぐに結婚できなくてもいいんでとりあえず入会します」
「人(親)に薦められてしかたなく」
や、面談していて理屈っぽく気難しい人などは、基本的に入会をお断りさせていただいております。

なぜならは、入会していただいたからには、全員成婚してもらいたいというのが本音ですし、そういうやる気のない、素直でない方が入ることでお互いに時間の無駄にはしたくない。
それだったら他のやる気のある会員さんに注力を注ぎたいという一心であります。

なので、本当に結婚したいと思っている方には、的確なアドバイスで短期成婚を目指して全力でやっていきたいと思います。
いっしょに頑張っていきましょう。

衣替えの季節

10月となり衣替えの季節となりました。
今年の夏は連日の猛暑で大変でしたが、急に気温も下がり
大変過ごしやすくなりました。

お見合い時においても服装はとても大事です。
男性の場合は、スーツ着用で行かれる方が多いと思いますが
スーツの着用する場合においても、時々ヨレヨレの方がいて
とても残念だなと思う時があります。
最低限、前日にアイロンがけをしてきちんとした服装で臨むようにしましょう。

女性の場合は、季節感と自分の肌質にあった服装を心がけるといいかもしれません。
気合を入れすぎて、普段あまり着慣れていない服装で臨むのは控えた方がいいかもしれません。
気合を入れすぎてしまい、お相手様より「写真と印象が違った」とかいう理由のお断りが合ったりしますので注意しましょう。

成婚イメトレ第3回「プレゼントはいつ渡せばいいの?」

プレゼントを渡すときに、「先に渡すべきなの?」それとも「後に渡すべき?」
これって、意外と悩みますよね。
人によっても意見が分かれたりもします。

『会ってすぐ』・・もらってからの一日がハッピーになる

『初頭効果』という心理学でもよく知られるものがありますが、
これは、初めの第一印象を上げるときに使うことで
とても効果的な方法だと思います。

まだそんなに親密でないときには有効な方法だと思います。

 2『盛り上がったとき』・・プレゼントをくれた相手に対して印象が残る

これは、少し上級なテクニックかもしれません。
盛り上がった時にサラッとプレゼントを出すのは、意外と難しいです。
仲がある程度深まっているか、もうすでに気持ちが
固まっているときにはより有効だと思います。

『別れ際』・・また会いたいと思われる

プレゼントを別れ際に渡すことで、相手に『また会いたいな!』
と思わせることができます。

この効果は『ピークエンドの法則』といいます。
これはどんなときにも有効だと思います。

その日に最初にあってから何の問題もなく、全体が合格点のデートだったら
次につなげるためにはとても有効だと思われます。
ということで、大きく3パターンがあるかと思いますので
自分が一番できそうだなというパターンでやってみることが大事だと思います。

ちょっとしたプレゼントをするだけでも印象がUPします。

ここだけのちょっとプラスα

お手紙を添えると効果的です。
直筆で短い文章でいいです。

これは、特に女性が男性にあてて書くとイチコロだと思います。

なんせ、私自身も何度かこの手を使われたことがあり、
わかっていてもまんまとひっかかってしまいましたからね(笑)
やっぱりそこまでできる人はほとんどいないので、できる人は◎です。

成婚イメトレ第2回「いい人とダメの人のたった3つの差」

それでは早速第2回を始めていきたいと思います。

こちらは、ビジネスセミナー等でお話させていただく内容なのですが、
婚活でも相通じるものがあるかと思い、今回書かさせていただきました。

「いい人」の3つの共通点

1、人の成功を素直に喜べる人

 「よくやったね」「おめでとう」と言える人です。
 これができるようで意外とできないのです。
 素直に相手の成功を喜ぶ、そして自分も頑張ろうと思う精神。
 ラグビーの「ONE TEAM」の精神に似ていると思います

2、人の意見を尊重する人

 自分の意見と違った人がいても、「なるほど」と思うことができる人
 結婚生活も同じです。自分と相手の考え方が違う部分があって当たり前です。
 まずは、話を聞いて時には自分の考えもいい、お互いに受け入れあうことを心がけましょう。

3、秘密を守る人

 秘密は漏れると後で必ず回りまわって漏れ伝わります。
 悪い噂は、良い噂よりも6倍速く人に伝わるという結果があるそうです。
 いい人はそれが最初からわかっているので、絶対にしません。

以上たった3つのことを心がけるだけで良い友達や異性を紹介してもらい、よい連鎖が起きていき、人間関係が良好になっていきます。


「ダメな人」の3つの共通点

簡単にいうと、いい人の逆を行く人です。

 1、あなたの業績をねたむ人

   「顔に出る人」もNGです。

 2、あなたの悪口や短所を言う人

   やはり回りまわって伝わります。

 3、人の時間を束縛する

  やたらと相手の時間に介入してくる人がいます。
   「何時にどこに行ってたの?」「さっきまで何してたの?」
  という感じでうるさくしつこく何度も聞いてくる人がいます。

 以上の3つは、自分の経験上から言うと男性よりも女性に多く見受けられます。

 いわゆる会社にいる「お局さん」の典型例です。
 女性は同じ場所に長くいると、変化を好まない性格の人が多いです。
 そこで、変化のある人=いわゆる自分よりできる人、きれいな人、もてる人
が現れると、上記3つの攻撃を始めてしまう人がすごく多いです。

 +αとして
 ・すぐに怒る人
 ・人の意見を受け入れない人(自分が一番正しいと思っている)

 これらは男性に多いかもしれません。

 いい人の真逆を行っちゃってますので、こういう人は絶対に選んではいけませんよ。

ということで第2回目は以上となります。ご清聴ありがとうございました。