出会いはいろいろとありますが

婚活出会いの場

①職場・サークル内
②合コン・婚活パーティー
③SNS
④婚活マッチングアプリ
⑤結婚相談所
etc.

などざっくりと主なものを上げると上記になるでしょうか。

 

①職場

日本で1番多い出会いの場としては、同じ会社の職場内です。
特に職場での恋愛経験者は約4割いると言われ、実際に結婚した人は4分の1(約25%)くらいいると言われています。
(私は結婚相談所経験者ですが、実際にはその後に職場結婚しました)
ただ、昨今のコロナの影響もあり、リモートの普及も増えていて、そういった点で直接の関わり合いが激減していることもあり、職場恋愛・結婚はしばらくは減少の一途をたどるかもしれません。
 

②合コン・婚活パーティー

こちらもコロナの影響もあり、激減しているようです。
たしかに最近では、「合コンやってます」という話をめっきり聞かなくなりましたね。
しばらくは期待薄だと思います。
 

③SNS

最近よく聞くのが、Twitterとかインスタで共通の趣味とかで盛り上がったりして仲良くなって、中にはデートしたり恋愛関係になる人もいるという話は聞きます。
ただ、こちらは主に10~20代の若い世代(Z世代)を中心に行われていて、30代、40代と世代を進むにつれて、SNSでの出会い活用は減っていくので、世代間での差もあり、また若い世代でもうまくできている人とそうでない人の差もかなりあるというのは聞いているので、苦手な人にとってはやはり厳しいのかもしれません。
 

④婚活マッチングアプリ

こちらも最近利用者が増えてきています。
Pairs(ペアーズ)とかwith、ゼクシィ縁結びなどいろいろとありますが、利用者の多く約9割が20代30代くらいというお話は伺っております。お値段も結婚相談所と比べて安価ということもあり、また気軽に出会えるということもあり、利用者も増えています。
ただ、こちらにおいても、すごくうまくいっている人と、そうでない人との差も生まれやすくまた年代が40代以上になるとなかなかいい人に出会えなくなるという話も聞いています。また、まれにサクラがいたり、既婚者がいたりしてトラブルの話も伺っていますので注意が必要です。
 

⑤結婚相談所

一昔前は、結婚相談所は最後の砦みないな言い方をする人もいて、いい人もなかなかいないということもありましたが、最近ではほかでも出会いがありそうな20代、30代前半の方でも積極的に結婚相談所に登録していい人との出会いを探す方もすごく増えています。
実際に登録されているかたもみても、「なんでこんな高スペックな人が」とか「こんなキレイでかわいらしい女性が」というのも結構おられます。
また、結婚相談所の強みとしては、うまくいかないときでも、一人で抱え込まずに、相談員と相談して次へのステップにし、モチベーションもアップすることもできるので、そういった点ではメリットがあります。
登録前に身元証明(独身証明書など)もしっかりとチェックしたうえでの入会承認となりますので、その点では安心感があります。
一方でメリットとしては、どうしても料金面では多と比べて割高になります。
ただ、それだけの金額をいただいている以上は結婚相談所のバックアップは手厚いものになりますし、「成婚」が決まれば、結婚相談所側としての実績も上がりますし、モチベーションにもなります。

 

まとめ

以上のように今回いろいろな出会いの場を簡単にまとめてみました。
今後は機会がありましたら、実際に結婚相談所はどのような人に向いているのか?
などをお話しできればと思います。

それではご清聴ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

代表 くろやなぎ

婚活サポートFP エターナルリング代表の畔柳(くろやなぎ)です  山形生まれ、横浜、東京、和歌山、熊本育ち現在川崎市中原区在住。 学生時代から学んだ恋愛心理学・兄弟姉妹型分析とFPお金のアドバイザー知識をもとに幸せな結婚生活を送ることができるようアドバイスを行っています。   まずは「自分」を好きになろう。そして、相手に好きになってもらう。 これを守れば成功率が格段にUPし、婚活成功への近道となります。 6か月で早期成婚を目標に一緒にがんばりましょう。

最新記事 by 代表 くろやなぎ (全て見る)